快眠案内

ふとんQ&A(よくある質問)

●布団カバーは必要?
「せっかくの羽毛布団、カバーを付けたら心地良さが半減するのでは?」

そう思われる方も多いかもしれません。確かに、良いお布団はからだに直接掛けると気持ちいいですよね。
でも、毎日使うお布団には寝ている間にも汗や皮脂などの汚れがついてニオイや雑菌の繁殖の元にもなります。ですが、お布団はそう頻繁に洗う事が出来ません。

そこで必要になってくるのが布団カバー。
布団カバーなら取り外して簡単にお洗濯でき、肌に触れる部分はいつも清潔に保つ事が出来ます。

また、汚れによる布団生地の劣化や、布団の上げ下ろしなどで引っ張って生地に穴が開いた…なんていう事も布団カバーをかけることで防いでくれます。
羽毛布団の傷みを防いで長持ちさせるのが布団カバーの大きな役目です。

「良い布団を少しでも長く使って頂きたい。」
これが当店が布団カバーをお勧めする大きな理由なのです。

布団カバーは、取り外していつでも自分の好きな柄に変えられるのもメリット。
お部屋のインテリアに合わせたり、季節ごとにお気に入りの色柄に交換して、おしゃれな布団カバーでお部屋の模様替えを楽しんでみてはいかがでしょうか。



●羽毛布団はダニが発生するの?
羽毛布団の側地には羽毛の吹き出しを抑えるために高密度に製織された生地にダウンプルーフ加工を施してあるため繊維の目が小さく、ダニの通過はほとんどありません。
中綿の羽毛も100℃前後で高熱殺菌処理をしており、ダニは全て死滅しているためダニの発生はありえません。
しかし、使用しているうちに生地の表面にダニがつくことがありますので、時々日干しするようにしましょう。

ダニの発生を防ぐには、部屋を乾燥させてこまめに掃除をし清潔にするなど、部屋全体の管理が必要です。
布団に関しては、日干しを行ってから直接布団に掃除機を掛けてダニを吸い取ること、シーツや布団カバーの交換・洗濯をこまめに行うことがいちばんです。
(布団専用の掃除機なども市販されています。吸い込みが強すぎると、中の羽毛飛び出しの原因となりますのでご注意ください。)

すぐに洗えるようにと襟元にタオルを取り付ける方もいらっしゃいますが、その場合も羽毛布団の本体には安全ピンや縫い針の穴を絶対に開けないで下さい。(羽毛吹き出しの原因になります。)
布団カバーの裏側に縫い付けて一緒に洗うようにするとよいかもしれませんね。
●羽毛布団は、電気毛布と併用できますか?
併用していただいて構いません。
とはいえ、暖かくなり過ぎる場合がありますので、就寝時に電気毛布で羽毛布団を温め、しばらくしたら電気毛布の電源は切った方がいいかもしれません。
羽毛布団の気持ち良さを感じていただくには「掛け毛布」よりも「敷き毛布」の方をお勧めします。
●買ったばかりなのに臭いがする
購入したばかりの羽毛布団は、ビニールケースなどの通気性の無いものに入れて保管されていた場合に羽毛の臭いがする事があります。また、側地の特殊加工による薬品が残っている場合もありますが、ご使用中に自然に消えてしまいますので通常は問題ありません。

もし気になる場合は、布団を折りたたんで中の臭気を追い出し新しい空気と入れ替えてから、3〜4時間天日干しをして下さい。
(効果のない場合には購入店に相談してください。)

悪質な点検商法にお気をつけ下さい!

寝具メーカー・協会では直接消費者に対しての電話セールス・訪問販売等は一切行っていません。
もしもの時の対処法など、ご参考までに・・・

ページの先頭へ戻る